忍者ブログ
ダイエットと美容関連の最新ニュースなどをチェックしています。

40代のダイエットは栄養が大事

年齢が進んでからのダイエットは、
健康的なのがいちばんです。

40代以降は骨密度がぐっと急降下で減っていきます。

肌の張りをささえる成分も枯れていき、
むしろそこには栄養分をそそぎたいのに、
身体のバランスを維持する目的で食事制限をしたために、
必要なお肌のための成分も枯れていき、
健康を害してしまっては元も子もありませんね。

年齢を考えて、必要な成分はちゃんととり、
運動によってダイエットするのがいちばんだと思います。

ウォーキングなどで骨に刺激を与えるのは骨密度アップによいようですよ。

私も一時期ウォーキングをしていたのですが、
冬になって寒さでウォーキングをやめたら、
それつきり春になっても再開できなかった過去があります。

もう一度、気持ちを奮起して、
ウォーキングをはじめようかしら。

ちなみに、黒柳哲子さんを見本にして、
寝る前にスクワットと柔軟体操を少しするようにはしています。

----------------------------------------------------------------------

基礎代謝量とは、生命維持だけで使われるエネルギー量のことです。活発なら太りにくく、低下すれば太りやすくなります。40代はこの基礎代謝量が一気に低下するので太りやすいのです。また同時期に骨の強さの目安になる骨密度も低下します。
40代は「体の内側も老けないダイエット」がマスト。つまり基礎代謝量と骨密度をキープすることが重要です。基礎代謝量増には筋肉量の増加が必要。また、骨密度は食事だけではなく、骨に刺激を与えることで増えます。

(ダ・ヴィンチニュース- 2017年10月20日)
-----------------------------------------------
PR

栄養学的なダイエット方法

よくある、断食とか、厳しいカロリー制限とかは、
いまやダイエット方法としては、
あまりよくないものとして挙げられているようです。

栄養学とか、きちんとした根拠に基づいて、


・良質な油(脂質)をきちんと摂る
・糖質(炭水化物)は一回の食事あたり、握りこぶし大まで摂ってもよい
・卵や肉、魚からタンパク質を十分に摂る

といった、いっけん、ダイエットとしては弱そうなこれらの方法、
大切にしながら体を正しいかたちへ導いていくのが、理想だとか。

昔はむりやりしぼったりする美徳があったので、
それと比べるとダイエットも、
かなり理性的な感じになりましたね。

そういうある種正しいダイエット法が、
今ではだいぶ浸透してきている気がします。

病的で極端なダイエットを実施している人は、
はたから見ていても心配ですからね。

----------------------------------------------------------------------

 しかし、ある程度本気でダイエットした経験がある人ならご存じだろう。自分の心をだまして、生活スタイルに見合わない極端なダイエットを試しても、続かない。疲れてやめてしまうことがほとんどだが、心(本能)が悲鳴を上げてドカ食いに走ったり、なかには体を壊したり、心の病に苦しんだりすることもある。
 そう、ほとんどの人が気軽に始めるダイエットは、私たちの生活を非常に大きく左右するものだ。だからこそ「どんな人が提唱している方法か」は慎重に見極める必要がある。

(ダ・ヴィンチニュース- 2017年10月20日)
-----------------------------------------------

理解できない男性ファッションアイテム

男性のファッションアイテムで、
理解できないものとしてあがっている、
「メンズスカート」
わたしは、これを売っているところを現実にはみたことがありませんが・・

でもたまに、街中でちらっと出会うことはあります。

本人は履いてる感いっぱいでしょうが、
周りからは「?」感を持って見られている気がします。

黒マスクもあげていましたが、
これは催し物やパーティー、ステージ衣装とかではないのでしょうか。

実際に街中で黒いマスクをして歩いていたらちょっと怖いと思います。

なんか暴力的な人のような雰囲気を感じそうです。

できれば近づきたくないと感じると思います。

「理解できない」ファッションという問いかけの仕方ですが、
理解、するとしても、しない人がいるかもしれない以上は、
普段づかいはやめたほうがいいのかも、と思います。

----------------------------------------------------------------------
女子が理解できない1位は「メンズスカート」!今年の夏のコレクションで、アメリカのファッションブランド「トム・ブラウン」が発表して注目を浴びたけど、街中で履く男子には抵抗感があるかも?
そして2位は、最近街で見かけることも多くなった「黒マスク」と、夏場に多い「肌を極端に露出したファッション」。黒マスクは、男性アイドルが着用していたことから人気が集まったともいわれていますが、白マスクと比べるとなんだか怖い印象なのかも?ちなみに、黒マスクを理解できないと感じている30代女性は、20代よりも10ポイント以上多い結果となり、年齢によって大きく差が出ました。

(ウーマンエキサイト 2017年10月15日)
-----------------------------------------------

メイクを洗い流すとよくない?

これはちょっと衝撃のニュースな気がするのですが、
クレンジングを夜寝る前にがんばって行うのは、
実はよくないという話がありました。

クレンジングや洗顔フォームで洗うのは、
メイクとともに肌オリジナルのうるおいや皮脂を落してしまうので、よくないと。

あと、角質も洗ってしまうので、
乾燥を助長してしまうとのこと。

そうやって洗い去った後に、
一生懸命補給をしてもダメですよね。

何が悪いのかいいのか、よく考えないといけないとは思いますが、
メイクを残しておくのはよくないことだという認識でいたので、
なんだか不思議というのか半信半疑です。

軽くなでる程度の洗顔で十分だと書かれていますが、
メイクがちゃんとスッキリ落ちてしまわないと、
それはそれで気持ちよくないですし、
不衛生な気もします。

----------------------------------------------------------------------

クレンジングや洗顔フォームで洗う行為は、メイクとともに、肌オリジナルのうるおい成分である天然保湿因子や皮脂、セラミドなども洗い流してしまいます。それだけでなく、肌の表面の角質を壊してしまい、肌の乾燥を助長しているのです。肌を守る成分は、思っているよりも簡単に流れ去ってしまいます。これは雑巾がけなどの水仕事をすると、てきめんに肌がガサガサしてしまうことからもわかるでしょう。

今の日本人の生活スタイルなら、日常の汚れは、軽く撫でるようにお湯で洗顔すれば十分落とせます。皮脂とともに、メイクなどもある程度落ちます。温度は40度ぐらいがちょうど良いでしょう。お湯洗い程度であれば、すぐに皮脂が補充されるので乾燥の心配もありません。

(東洋経済オンライン 2017年9月28日)
-----------------------------------------------

糖質オフダイエット食の工夫

糖質オフのダイエット、
けっこう試している人はいそうです。

だいたいはジムなどと組み合わせて
上手に食事を楽しく、そして我慢できるよう、工夫しているのだとか。

糖質オフというとやっぱり
ごはんと麺を抜くのがポイントだと思いますが、
そういいつつも、ついお料理は普通に食べてしまう・・
という方もいそうですね。

レシピの工夫で油分を減らし、
賢い糖質オフを実現すると、
なんどもリバウンド、といったこともないです。

ただ、私は個人的には、
行き過ぎの糖質オフダイエットはどうかな?
と思うところもあります。

ご飯をまるでカットして絶対食べない、
ということをしなくても、
半分にするとかでも良さそうに思うんですよね。

確かに、日本は、以前は、
ご飯が中心としいうか、
ご飯をいっぱい食べる食文化であったかもしれませんが、
今では、おかずをたくさん食べるようになり、
食べるご飯の量は減ってきていますからね。

----------------------------------------------------------------------

昨今、巷で話題なのが無理なく続けられて効果が出やすいと言われている「糖質オフダイエット」。糖質を控えればカロリーなども気にせず食べられるとあって、チャレンジしている人も多いのでは? でも、いくら糖質オフだからと言って「ランチはいつもステーキ♪」なんてことを続けていたら、家計は膨らむ一方ですよね。そんな糖質オフダイエッターにおすすめのレシピ本が『いつも買う鶏むね・豚こまで!おいしい糖質オフ』(主婦の友社)です。

(ダ・ヴィンチニュース 2017年9月19日)
-----------------------------------------------

炭水化物は摂ったら燃やす

最近すっかり悪者になってしまっている炭水化物ですが、
実際は、体を動かす材料として欠かせないものです。

なので、炭水化物をとったら、
しっかり使うことがとっても大切なのですね。

体を動かして行動するためには、
カロリーは確かにエネルギーなので大切です。

それをとるだけとって使わないままため込むのがよくない。

炭水化物はビタミンbといっしょにとることで燃焼しやすくなるとか。

ごはんをどんぶり食べるようなときは、
豚肉を素材につかったどんぶりにするとよいのかも?

しかし、炭水化物に限らず、
摂取したカロリーが多いのなら、
その分、しっかり体を動かせばいいだけのことなんですよね。

ということを分かっているけれど、
体を動かしていないので太るわけですが(^^;

炭水化物を多く摂るのは良くなさそうですが、
私は、食事をする時に、
食べる順番を注意する、ということを取り入れました。

ごはんとかの炭水化物は後にして、
野菜のおかずから食べていく、
というふうに。

これは、私的には、血糖値を上げない方法として取り入れているのですが、
たぶん、ダイエット的にもこの食べ方の方が良いような気がします。

----------------------------------------------------------------------

「炭水化物は体を動かすエネルギーになりますし、脂質は細胞の膜やホルモンの材料、タンパク質は筋肉や細胞の材料になります。いわゆる“カロリー”と総称される栄養素は、体を構成する栄養素でもあるので、完璧に抜くと体が動かしにくくなる可能性があります」

「食事は、バランスを気にすることが大切です。炭水化物は豚肉に多く含まれるビタミンB1と一緒に食べると、エネルギーとして使われやすくなります。ですから、菓子パンやトッピングなしのうどんより、ハムサンドやチャーシューをトッピングしたラーメンの方が、炭水化物を溜め込みにくくなるんです」

(ホウドウキョク 2017年9月15日)
-----------------------------------------------

太る人・太らない人の食習慣

日本人の男性がやせすぎ、という話が、
ある対談でされていたそうですが、・・

海外の男性でも、やせていたり太っていたり人それぞれですね。

あと、お国柄もあるのは確か。

アメリカのあの食事を始終とっていたら、
当然大柄になっていくのは仕方ない気はしますし、
特に男性は、「太っているのをよし」としたら、
再現なく食べれてしまうのではないでしょうか。

日本でも、ああいったジャンクフードを好んで食べる人はたくさんいて、
そういう人はかなり太っている率が高い気がしますし。

アメリカの女性はそれにしても、
やせていると感じる一般の人が少ないですよね。

脂肪が多いもの&炭水化物の「ピザ」この文化が根付いているせい、
という気がするのは、間違いではないのではと思いますが。

----------------------------------------------------------------------
サイフラーマン:太っている男性は選考で落とされるって聞いたことがあります。健康管理ができていないとみなされるって…。

旺:でも、細すぎて逆に頼りないくらいじゃないですか? 中国でも最近増えているんですけど、鍛えているのに細身を目指す「細マッチョ」ってやつ。細いのにマッチョって、良いとこ取りですよね(笑)。

サム:最近だと、スタートアップの社長さんも、みんなやたらと細くてアイドルとかモデルみたい。結局、見た目で評価されてしまうという現実があるんだろうね。

ラム:インドでは、そもそも見た目はあまり問われない。やるべきことをしっかりやっていれば良いという風潮。だから、日本の社長さんはスタイルの良さよりも、経営手腕が評価されるべきですよね。

(ホウドウキョク- 2017年9月1日)
-----------------------------------------------

インスリンを増やすチコリの効能

チコリ って、みた感じが白菜と似ていますね。

私自身は食べたことがなかったりします。

海外のサラダ野菜という印象です。

ですが、そのチコリ、
実はダイエット成分が期待できるのだとか。

チコリの根の部分には、
天然のインスリンと呼ばれる血糖値を
穏やかにする成分が含まれているそうです。

膵臓からのインスリンの量を増やす効果も期待できたり、
意外と万能野菜なんだなという印象です。

とりいれてみたい気はしますが、
献立への取り入れ方がよくわからないですね。

でも、チコリはダイエットだけでなく、
血糖値の上昇を抑える効果もあるようですので、
血糖値が上がりやすい方や、糖尿病の方も
食事にとりいれるといいのではないでしょうかね。

私も、少し、食後の血糖値が高めだと言われていますので、
ダイエットというより血糖値上昇を抑える効果に期待して
食事に取り入れてみたいという気持ちはあります。

----------------------------------------------------------------------
【チコリはなぜダイエット効果に期待できるの?】

チコリの根の部分には、ニンニクや玉ねぎなどにも含まれるイヌリンという水溶性食物繊維の一種が含まれているそうです。イヌリンは天然のインスリンとも呼ばれており、食後の血糖値を穏やかにする働きがあるため、脂肪になることを防ぐほか、膵臓からのインスリンの量を増やす効果にも期待できます。また、チコリに含まれる苦味成分「8デオキシラクツシン」は、がん細胞の増殖を抑える役割もあるそうですよ!

ダイエット効果以外にもがん予防にも期待できる、最強野菜「チコリ」。時期にもよりますが、大体1個250円前後で購入できるそうです。是非健康のためにもサラダやスープなどのレシピに活用して食卓に並べてみてくださいね。

(日刊アメーバニュース 2017年9月2日)
-----------------------------------------------

ギリシアヨーグルトのお料理活用

ギリシアヨーグルト、わたしは好きで、よく食べています。

パルテノはけっこう賞味期限がギリギリなものが
安く売っていることも多くて、
そういうときは今日明日分を買うようなつもりで。

オイコスはあまりそういうことはありませんね。
むしろ売り切れていることも多くて、
人気なのかなと思います。

それを私の場合はごく普通に食べるだけだったのですが、
お料理に使う方もいるのだとか。

どう使うのかなと思ったら、
例えばレトルトカレーに混ぜると風味がアップするそうですね。

ヨーグルトをカレーに使うと風味はよいのですが、
水っぽくなってしまう心配がありました。

でもギリシアヨーグルトなら、
水分が少ないので安心して使えます。

目先が変わって、ちょっと面白いかもしれませんね。

----------------------------------------------------------------------

 それでは最後に、おいしい活用術のお話。ギリシャヨーグルトを活躍させるタイミングは、
「たんぱく質がちょっと足りないな」
「もっとクリーミーなテイストにしたいな」
と思った時。乗せるだけ! 混ぜるだけ! 特別なテクニックは一切不要です。例えば市販のレトルトカレー。
カレー 美容度アップのために、カット野菜を添えて、ギリシャヨーグルトをポテッと落とすだけ。見た目も味もグーンとアップしちゃいます。

(ダ・ヴィンチニュース 2017年8月16日)
-----------------------------------------------

もんでヤセるダイエット書籍

いくつかのダイエット書籍が紹介されていた中で、
もんでヤセない身体はない という書籍が紹介されていました。

リンパマッサージにいったとき、
なんとなくほっそりしていた、といった経験。。

わたしはマッサージいったことがないのですが、
「むくみ」というのが太っている感じを出してしまう
重要な要素だというのは、知っています。

実際、身体に水分がたまると、
サイズ自体も変わってしまったりしますから、
リンパの流れというのはやっぱり重要なことなのでしょう。

もむのは気持ちいいことですし、
今度書店でみかけたら試そうかなと思いました。

リンパマッサージをして、貯まっているセルライトを取り除くと、
それだけである程度「むくみ」が取れてやせて見えると思いますし、

リンパマッサージによって、
代謝の良い体を作り、そこから筋肉を動かして
痩せる体に改善する、のがいいみたいです。

----------------------------------------------------------------------
激しい運動をしたわけでもないのに、ちょっとリンパマッサージに行ってみたら、顔のむくみがとれてすっきりしたり、足が心なしかほっそりしたりしてた、なんて経験ありませんか? その効果を自宅で手に入れよう! というのが『もんでヤセない身体はない 燃焼系「美圧」マッサージ』の主旨。著者は、Instagramフォロワー数25万人超の人気美容家の本島彩帆里さんで本書は10万部を突破する人気ぶり。自分のどこが凝っていて、セルライトがたまり、リンパの流れが悪いのかは、自分の手でさわってこそわかるもの。その硬さを実感してみてください。いくら運動したって、筋肉が動かなければ効果は激減。痩せる身体は、代謝のいい身体作りから始まるのです。まずは、気になる部分だけ、できる範囲で続けてみよう!

(ダ・ヴィンチニュース 2017年8月16日)
-----------------------------------------------