忍者ブログ
ダイエットと美容関連の最新ニュースなどをチェックしています。

うわさになっているレジスタントスターチ

最近よくきく「レジスタントスターチ」
はじめてきいたのは、テレビのダイエット特集だった気がします。

そのときは初耳だったし、
ちょっと疑わしいかもと思ったのですが、
最近、それを実践しているモデルさんとかもいるようなので、
確かなのかも・・

カロリー自体が半分になるとか、
太らないでんぷんになるとか、
ダイエットが気になる人にはうれしい話。

おかずを低カロリーなものにした上に、
ごはんも好きな量食べられないと食事の満足感自体が減ってしまうので、
それはよくないと思うのです。

冷やご飯を上手に使って、
無理のない食事コントロールをしたいです。

--------------------------------------------------
ご飯が太る一番の理由は糖質であるデンプンが多く含まれているため。
しかし、ただご飯を冷やすだけで、このでんぷんが“レジスタントスターチ”という太らないでんぷんに変化するんです。
カロリーで言うと、約半分ほどになるというから驚きですよね。
そして、温かいご飯のでんぷんは吸収されやすく、冷ごはんのレジスタントスターチは消化吸収しずらく、糖質や脂質の吸収も抑えてくれます。
なにより、ご飯を食べることで腹持ちもよくなり、食事の満足感が大きく変わってきますよね。
腸内環境を整える
もともとご飯は食物繊維が豊富で、冷ごはんにすることで消化吸収されづらくなることから腸内をお掃除する役割を果たしてくれます。

(モデルプレス -2016年4月23日)
----------------------------------------------------
PR

ダイエット効果の高い豚肉の栄養

ダイエット効果のある肉というと、
豚肉なのだそうですね。

ビタミンbが豊富で疲労回復にいいとはよく聞きますが、
牛肉と豚肉の違いはなんでしょう?

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがあるそうで、
そのものがダイエット向きにできているのですね。

それに、ポークペプチドという成分は、
コレステロール値をさげるのだそうで、
ダイエット中に糖質を制限しているような人でも、
こういった副産物というかついてくる栄養素がいろいろあるということは、
選ぶ肉類は豚肉、という感じになってくるでしょう。

牛肉より豚肉の方が好きな私にとっては、
このニュースはうれしいニュースです。

--------------------------------------------------

豚肉というと脂身が多く、食べると太りそうなイメージがありますね。実は豚肉には、ポークペプチドが含まれていて、コレステロール値を下げるはたらきがあるのです。ペプチドはアミノ酸がたくさん結合したもの。アルコールを分解して、血栓ができにくくする効果もあります。さらにうれしいことには、豚肉が脂肪燃焼効果があるカルニチンも含有。ダイエット中の人もお肉を我慢しなくても大丈夫なのです。とはいえ、食べ過ぎると中性脂肪が増えて、コレステロールも増えることになるので、脂身が少ない部位を選んで、豚肉を食べるのは1日100g程度にとどめましょう。
ステーキというと牛肉だった人は、これからはトンテキ! 豚肉食卓に積極的に取り入れて、美と健康を手に入れましょう。

(ガジェット通信 -2016年4月10日)
----------------------------------------------------

お菓子の食べ過ぎとダイエット

ダイエット方法として、「間食を減らす」のは当然思いつくこと。

でも、それに失敗して、
結果、ダイエット失敗・・・という方もたくさんいますよね。

なので、
「本当に食べたいものをお店で食べる。
コンビニで買ったお菓子を延々食べることはしない」
のは、得策な気がしますね。

ただ、

いったん食べ始めると、「ようかんを何本も」食べ続けてしまう・・
というのはちょっとやりすぎというか・・

ダイエットではなくて
健康を害するおそれのほうが強い気がしてしまいますね。

健康のためのダイエット、ダイエットのためのまず健康、です。

--------------------------------------------------
◆1.“思い出に残るお菓子”をお店で食べる
「私はお菓子が大好きですが、本当に食べたいものをお店で食べるようにしています。お店なら周囲の目があるので、何個も食べるようなことが防げますし、大事にゆっくり食べるので、たくさん食べなくても満足度が高くなるのです。
 家でひとりで食べるとドカ食いにつながるから、コンビニのお菓子は絶対に食べません。お菓子を食べるから太るのではなく、“テレビを見ながらコンビニ菓子を食べてたら、いつの間にか1袋開けちゃってた”なんて習慣があなたを太らせるのです」

(livedoor -2016年3月9日)
----------------------------------------------------

ダイエットとタンパク質多めの食事

ダイエットのためには筋肉をつけること、
ということは、近年の、運動で痩せるお話などでみかけますね。

筋肉量が増えると、基礎代謝があがって消費するカロリーが増えるので、
同じ食事をしていても脂肪がつきにくくなるという話です。

そのためにどうしたらよいかは、
やっぱり適度な運動と、あとタンパク質の食べ物を多く食べること。

炭水化物はエネルギー源であっても
筋肉量を増やすためには必要ではないとか。

なので、太っていて悩んでいるような人は、
炭水化物を減らすことを躊躇しなくてもよいようです。
完全に抜くのはやりすぎとしても、
ある程度とりすぎだから太っているので、
そこは自分で適度にやりたいですね。

ご飯を減らして代わりにお肉や卵を食べるのがおすすめといっても、
やりすぎは禁物、お肉の量も適度にして、
逆に脂肪を摂りすぎて悪影響が出ないようするに、
常識的な量がどのくらいかを見直して、
それに沿った食生活をしていればOKということかも。

--------------------------------------------------
食事制限のコツは、「炭水化物」にあります。最近は炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエット、ケトジェニックダイエットなどさまざまな名称で呼ばれていますが、なにもそこまで気にする必要はありません。もちろん抜いていただいても構いませんが…。もうご存知の方もいらっしゃると思いますが炭水化物は太る原因です。筋肉に変わりません。もちろんエネルギー源ではありますが、太ってしまう人はそもそもエネルギーの摂り過ぎのサインなので必要ないと言えます。
しかし食事を減らすなんてことはリバウンドを招く要素になりかねないので、この炭水化物をお肉や卵に替えてみませんか? 筋トレをする上で非常に重要な栄養となるタンパク質は積極的に摂っていきたいところです。お肉などは実はそれほど食べても脂肪にはならないことがわかっています。
ですのでご飯を減らすか、食べない代わりにお肉や卵。これならリバウンドの心配もないはずです。

(GOIN[ゴーイン] -2016年3月5日)
----------------------------------------------------

朝食はパンよりごはんがダイエット向き

わたしはいつも、朝食はパン1枚ということが多いのですが、
パンは、それ自体にもたくさんのバターやマーガリンが使われているし、
腹持ちもよくないので、
午前中のうちにお腹がすいてしまいます。
ダイエット目的がある期間は、
朝食のパンはごはんに変えたほうがよいとのこと。

確かにそうなのですが、ごはんはおかずが必要ですし、
そのための時間がいろいろかかることを考えると、
なかなか実現は難しいですね。

でも、ダイエットも気になるので、
ごはんをおにぎりにしておくとか、何か考えて、
腹持ちのよい朝食をなんとか考え出したいところです。

--------------------------------------------------
【ご飯】
ご飯はパンに比べ水分量が多く、少量でも重さがあるので食べるとお腹にズッシリとたまる感覚があります。しかしダイエットを成功させたいのなら、断然パンよりご飯を選ぶべし!
ご飯はパンに比べ消化吸収が緩やかで、血糖値も緩やかに上昇するので体への負担が軽く、腹持ちも良いのが特徴です。
また、パンよりもご飯のほうが噛む回数が多く、だ液がよく分泌されて胃や腸で消化しやすくなる上に、噛むことによって満腹感を得られやすいのです。

(読売新聞 -2016年2月18日)
----------------------------------------------------

牛乳が脂肪の吸収を抑えるとは?

牛乳は栄養豊富で、健康にはうまく取り入れることで効果が高いというか、
栄養の基本になるようなイメージなのですが、
ダイエットとはあんまり結びついて考えたことがなかったです。

でも、体脂肪が減るというメリットがあるという記事が。

脂肪の吸収を抑えたり脂肪分解の作用があるとのことですが、
これの根拠は???な気がしますね。
もしかして、牛乳は胃の中に膜をつくるので、
それで吸収に影響があるということなのかも?

ダイエット関係の記事はけっこう出回りますが、
これはなんだかあんまり信頼できなさそうな記事ですよね・・

--------------------------------------------------
ダイエットに何故牛乳?
牛乳は何故ダイエットに有効なのでしょうか?それは体脂肪が減るという点があげられます。脂肪の吸収を抑えたり、脂肪分解の作用がありますから、結果的に体脂肪が減ると言われています。

置き換え食ではないので注意
牛乳を使ったダイエットは、置き換え食に牛乳を持ってくるわけではないので、しっかり3食ご飯を食べましょう。

牛乳ダイエットの牛乳の飲み方
朝起きてすぐの牛乳はデトックス効果が期待できますから、是非飲みましょう。また眠る前に飲むと質の良い睡眠を手に入れることができます。また運動した後に飲むのも良いと言われています。

(livedoor -2016年1月29日)
----------------------------------------------------

ダイエットとホットヨーグルト

ホットヨーグルト、
かなり以前に、+バナナで腸内をキレイに出来る!
とテレビでやっていたことがあって、
試してみたことがありました。

あつあつにしたわけではないのですが、
あたたかい程度でもなんとなく少し効果があがった気がしました。
思ったより食べにくくはならなかったし、
個人的には成功な気がしましたね。

あたためたヨーグルトは、
冷たいものよりも刺激が弱くて、
おなかにやさしい感じはしました。

なので、毎日のように摂りたい人にはおすすめなのではと思います。

--------------------------------------------------
ダイエット効果のある食品として、ヨーグルトが注目を集めています。ヨーグルトダイエットは芸能人が挑戦し、成功したダイエットとして有名です。ヨーグルトはスーパーマーケットやドラッグストアで簡単に手に入れることができ、味もおいしいのでダイエット初心者でも挑戦しやすいダイエットであるといえます。

■ホットヨーグルトダイエットとは
ヨーグルトは、食べることで腸内環境を整えたり、免疫力を高めたりすることができ、健康にも美容にもいい食品として知られています。しかし、冷たいヨーグルトは食べ過ぎると内臓を冷やしてしまい、胃や腸の機能を低下させ、冷え性になってしまうこともあるようです。

(WOW! Korea -2016年1月16日)
----------------------------------------------------

長期間空腹は避けるのがよい

おなかがすいたときに、少し食べるのがいいのか、
それとも我慢したほうがいいのか・・

そのとき話している人によって違うような気がします。

食事の回数が増えることになるから、
合間の間食は絶対ダメというのも聞いたことがあるような・・

でも、やっぱり、長時間空腹だとそれに合わせて体が飢餓状態になり、
少しのカロリーもたくわえようとする、
という説のほうが信頼できるように思いますね。
なんとなくですが・・

私は、基本的に、少し何かを食べるようにしています。
空腹が長時間続くとドカ食いしてしまうことがあるからです。


--------------------------------------------------
「間食=太る」と思い込んでいる人も多いかと思いますが、実はお腹が空いたときに我慢し過ぎるのもNG。長時間空腹が続くことで、体は飢餓状態だと思い込み、その結果、次に食べた食事で必要以上に脂肪をたっぷり溜め込もうとして、太りやすくなってしまいます。

空腹時は我慢し過ぎず、スープやドライフルーツなどヘルシーなものを少しお腹に入れ、小腹を満たすのがおすすめです。ただし、食べ過ぎは禁物! 少しお腹に入れる程度にするのがポイントです。

(livedoor -2016年1月6日)
----------------------------------------------------

プリンは意外とダイエット向き

プリンは、つくる過程を考えると、
やっぱりダイエット向きではない気はしてしまいますね。

冷たくして食べるものは、だいたいが糖分が多く、
そうじゃないと美味しく食べられないという常識がありますが・・

実際測ってみると、小さいサイズ(標準的なカップ)なら、
それほどのカロリーではないのだとか。

もちろん、こういったデザート系は、
一度にたくさん食べるものではないですからね。

ダイエット中の食事が味気ないので、
ちょっと楽しみを足す意味で、こういった体に負担のないデザートで、
気持ちをほぐすのも悪くないかも。

--------------------------------------------------

小さい頃から大好きという方も多いと思われるカスタードプリン。カロリーが高そうと思う方もいるかもしれませんが、105gのいわゆる標準サイズであれば126kcalほどです。

ダイエット中でもカスタードプリンを食べられるという満足感や幸福感も得ることが出来ます。ダイエットによるストレスが溜まりにくく、挫折しづらくなるかもしれませんね。

(livedoor -2015年12月26日)
----------------------------------------------------

コーヒーのクロロゲン酸がダイエット効果

珈琲は、私はとてもよく飲む方で、
1日に3杯くらい、休日だと倍くらい飲んでいるかもしれません。

胃をいためるとか、
かつてはどちらかというとあまりよい印象ではなかったのに、
今は、含まれる成分のクロロゲン酸のおかげで、
ダイエット効果があるといわれ、
歓迎されてきているみたいですね。

クロロゲン酸は、脂肪の蓄積を予防しつつ燃焼にも働きかけるとか。

最近たまにみる「脂肪とたたかう」コーヒーみたいなのも、
その成分が強化してあったりするのでしょうか。

とりあえず、普段からとっているもので、
ダイエット効果が得られているならそれでいいかという感じです。

--------------------------------------------------

■コーヒーダイエットの効果
何故コーヒーがダイエットに良いのか? その理由はコーヒーに含まれる「クロロゲン酸」という成分にあります。このクロロゲン酸はポリフェノールの一種で、脂肪の蓄積を予防しつつ、燃焼にも働きかけてくれるのでダイエット効果が抜群! カフェインの利尿作用もあるので、むくみの解消にも打って付け。またカフェインは交感神経を刺激して、代謝を促してくれるので自然と痩せやすい体質になることが期待できます。

(インフォシーク -2015年11月28日)
----------------------------------------------------