忍者ブログ
ダイエットと美容関連の最新ニュースなどをチェックしています。

わかめとダイエット効果

わかめは髪にいいとかよくいいますが、
ダイエットにもいいという記事がありました。

わかめで特徴的な成分は「ヨウ素」ですね。

これは、タンパク質や脂質など、
体の代謝を高めるのだとか。

基礎代謝のアップ。
ダイエット目的なら必ず言われることですよね。

それを促進してくれる成分がヨウ素。

新陳代謝が活発になると、
肌や髪、ほかいろいろ生え変わる部分が活性化して、
常に新しいものに生まれ変わるということです。

そしてカルシウムが豊富なのも
わかめのうれしいところですね。

ダイエットして食事を減らしたりしていると、
栄養素がどうしても偏って、
必要なはずの成分が足らず、
カルシウム不足に知らず陥ってしまうこともあるかもしれません。

女性の場合特に、
年齢が進んでからのカルシウム不足は、
なかなか深刻なことになるようです。

骨粗鬆症の原因の一つになるなど。

それを気を付ける意味でも、
わかめを上手に献立に取り入れて
ダイエットするのがのぞましいですね。

----------------------------------------------------------------------
■「ヨウ素」のパワーで美に拍車を
幅広い美容効果が期待できるその理由は、ワカメに含まれる「ヨウ素」という成分の働きです。
ヨウ素は、たんぱく質、脂質、糖質の代謝を高めるため、基礎代謝がアップするほか、新陳代謝の活性化によって肌や髪、爪の美しさにもひと役買ってくれます。

(livedoor--- 2018年5月5日)
-----------------------------------------------
PR

コーヒーのダイエット効果は?

コーヒーには、便秘を解消する働き、
肝機能の向上、といった働きがあるとのことで、
健康やダイエットによさそうなのですが、
少し前にはコーヒーの発がん性みたいなこともいわれていたりして、
こういったニュースはどこまで信じればいいか、
ちょっと迷うところがあります。

わたしはとてもたくさんコーヒーを飲みますが、
水分補給という気持ちではないですね・・

ただ、欲しくなるという感じなので
コーヒー中毒という感じが近いのかも。

これがダイエット効果も持つのであれば、
わたしとしてはうれしいのですが、
ほんとのところはどうなのでしょうか。

コーヒーをたくさん飲む人でも
太っている人もいますしね。

コーヒーを飲めばダイエットにいいと思うよりは、
やはり、普段の食生活や生活習慣の方を見直すとかした方が良いのでは
と私は思うのですがね。

----------------------------------------------------------------------

ダイエット効果はと言うと、コーヒーには便秘を解消する働きや、太りにくい体質を作るための肝機能の向上といった働きがあるので、ダイエットのためにコーヒーを飲むのはオススメしている。

 また、心臓専門医のルツィア・ぺトレは、「コーヒー(に含まれるカフェイン)には利尿作用があるので、水分補給には適していないわ」とコメント。

(フロントロウ--- 2018年4月18日)
-----------------------------------------------

酢大豆の健康効果

酢大豆、古くから健康志向の人には重宝されている食品です。

小さいころはとても苦手でしたが、
いまになってみると、サラダのアクセントなどにぴったり。

ピクルス的な感じでしょうか。

お酢には、内臓脂肪を減らす効果があり、それと、
有名なイソフラボンが女性ホルモン様の働きをする、
ということで、二重に健康度が高い食品です。

大豆は食物繊維も豊富ですから、
腸の働き改善にもいいし、
骨粗しょう症予防の役割も果たせるそうです。

一般家庭でつくるのは少しハードル高い気はしますが、
圧力鍋とかではつくれそうですね。

----------------------------------------------------------------------

お酢に含まれる酢酸は、内臓脂肪を減らす効果があるとして知られています。また、大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするといわれているので、美容のためにはもちろん、骨粗しょう症予防にも効果的。さらに、ダイエット時に悩みがちな便秘予防にもなるのだそう。

(MYLOHAS--- 2018年4月12日)
-----------------------------------------------

炭水化物抜きと体への弊害

炭水化物を抜くダイエット、
少し前はかなり礼賛されていたのに、
いまはまた変わってきていますね。

私は、特に心がけたわけでもないのですが、
一時期、炭水化物・特にお米を食べない時期があり、
そのときは確かに、体重は落ちたような気がします。

でも、その時期を過ぎて、
またお米をたべたくなりました。

人間の体はよくしたもので、
その人にいま必要なものを、
ちゃんと食べたくなるものなのかもしれないと思います。

それに背いて無理をして、
食べ物に偏りが出るのが、
いちばんよくないのではないでしょうか。

適度に炭水化物を取りつつ、
運動を取り入れたりして、
バランスが取れたダイエットというのが
やはり一番良いように私は思います。

----------------------------------------------------------------------
脂質や炭水化物(糖質)は、体のエネルギーとなる栄養素です。エネルギーが不足すれば、せっかくダイエットのために運動をしよう!としても、体力がなくて続かなくなってしまいます。たんぱく質を摂取する目安は、体重が60kgの人は6g、40kgの人は4gとなっています。

(livedoor--- 2018年3月30日)
-----------------------------------------------

ダイエットと肉料理の必要性

ダイエットに肉料理がいい、
という人はたまにいます。

野菜中心にしすぎると、
エネルギーが不足するし、
栄養的に足りないのだとか。

筋肉量が減ると、
美しい体のラインを保ちにくくなるため、
あまりよいダイエット効果が出ないようです。

あまり脂肪が多いのは困りますが、
ある程度の脂肪は、女性の体にとって必要だと思うので、
やはり適度に肉をダイエットメニューに取り入れる必要がありますね。

私は以前、ダイエットとしてではなく、
菜食主義にチャレンジしたことがありました。

そうすると、やはり体に力が入らなくなるというか、
パワーが出ないという感じがありましたし、
体温が低くなっているようにも感じました。

約2週間ほどでやめたのですが、
やはりダイエットといえども、
お肉やお魚は適度に食べるのが良いのでは。

----------------------------------------------------------------------

焼肉やステーキなど、何かとカロリーが気になる肉料理。ダイエット中には、そんな肉料理を避けている方も多いのではないでしょうか?しかし、ダイエットを成功させるには実はとても大切な食材なのです。

ダイエット中に肉を食べるメリット
脂質やカロリーが気になって、ダイエット中は敬遠しがちの肉類。しかし、肉には女性が美しさをキープするために必要な栄養素が含まれています。

(livedoor-- 2018年3月2日)
-----------------------------------------------

食べて痩せる炭水化物

食べて痩せる、とはもうだいぶ以前に、
エクササイズを楽しくダンスで行おう
というブームの時からいわれていますね。

食べて、運動して、適正に美しく痩せましょうと。

忙しい中で運動をいつも続けていくのはなかなか難しいですが、
できるなら体によいもの、
ダイエットに効果の高いものを
食べるようにしていきたいものです。

ダイエット効果が期待できる、
ヤセ菌とは、ちょっとなんだかうさんくさい話ですが、
炭水化物を適度にとって、
腸内環境をコントロールするのが、
食べて痩せることにいいといわれているとか。

炭水化物は一方的に悪者扱いされることが多いですが、
そうではなかったようです。

----------------------------------------------------------------------

 最近、ブームとなっているダイエット法といえば、「食べて痩せる」もの。厳しい食事制限のあるダイエットで挫折を繰り返してきた女性たちにとっては、非常にありがたい方法ですよね。
 ところで、腸内にはさまざまな種類の細菌が大量に存在していますが、その中でも、ダイエット効果が期待できる「ヤセ菌」と、ダイエットの弊害となり得る「デブ菌」があるようです。このヤセ菌を増やすために、エサとなる炭水化物を摂って腸内環境をコントロールすることが、実は“食べて痩せる新しいダイエット方法”として、注目されているというのです。

(アサジョ (ブログ)-- 2018年2月7日)
-----------------------------------------------

コンビニダイエットメニュー

コンビニでのダイエットメニュー、
最近けっこう話題にのぼりますね。

おでんはカロリーが低い調理法だし、
素材的にもカロリーが高いものが入っていないので、
安心して食べられるメニューです。

1カップという目安があるのも選びやすくてうれしいですね。

焼き鶏も、ヘルシーメニューとしてはとても食べやすいもの。

タンパク質が豊富で、あげていないのでカロリーも低く、
ボリュームがあるので満足感も高いです。

ですが盲点は甘いタレだとか。

わたしはどちらかといえば、
やきとりは塩よりは甘いタレのほうが好きなので、
ここはちょっと我慢して、ダイエットのために、
塩を選ぶように心がけようかなと思います。

----------------------------------------------------------------------

鶏肉は低脂肪高タンパク、食べるほどに痩せる燃焼系食材です。ボリュームもたっぷりでダイエットの強い味方。
しかし、盲点は「タレ」。どんなにヘルシーなイメージの胸肉やササミを選んでも甘いタレだと効果半減。糖質たっぷりで太る原因になります。

(マイナビニュース-- 2018年2月3日)
-----------------------------------------------

ダイエット向きの鍋

鍋を使ったダイエットメニュー、
当然のことだとおもうのですが、
具材が高カロリーなものはダメですよね。

あと、お砂糖をたっぷり入れるすき焼きは、
ダブルパンチでダメなこと確実だと思います。

トマト鍋は、洋風なのであまりよくなさそうですが、
よく考えるとこれも、あまりカロリー摂りすぎにならない程度であれば、
バターとかも使ってオッケーです。

ようするに、カロリーの足し算なので、
特になに鍋がいいとか悪いとかではなく、
自分で加減して食べたらいいだけの話でした。

結局のところ、
カロリーが多くなる肉を使う鍋とか、
糖質を取りすぎてしまいそうな鍋はあまり良くないということですね。

すき焼きは定番的にする鍋なので、
すき焼きの時は野菜を多めに食べて
肉を少なめにする、
という食べ方にしようかと思います。

----------------------------------------------------------------------

「トマト鍋」は、寄せ鍋同様にさまざまな具を入れられるため、栄養バランスがよいとのこと。それに加え、体内の酸化を予防し、エイジングケア効果のある栄養素「リコピン」も摂取できる。リコピンは脂溶性のため、肉やオリーブオイルなどの油脂を一緒に摂ると吸収率がアップするとのこと。

(マイナビニュース-- 2017年12月25日)
-----------------------------------------------

出汁とろろ糸こんにゃくでローカロリーに

ダイエット、秋にはおいしいものがいっぱいでて困りますが、
冬になってくると、忘年会や歓送迎会など、
ワナがいっぱいある感じですよね。

食べすぎ飲みすぎには、気を付けないといけません。

でもお腹は空くので・・・

そういうときはカロリーダウンできる食事を増やしたいです。

かんたんにできるのはやっぱり、
ローカロリーの食材を使うこと。

糸こんにゃくをつかうレシピはときどきみつけるのですが、
いまひとつ美味しそうなものがないのです。

でも、出汁とろろだと、
けっこう豊かな味わいがありそうで、
これならおいしいかな?って気がします。

試せそうです。

----------------------------------------------------------------------

そこで今回は、ヘルシー食材の代表「こんにゃく」を使ったダイエットレシピをインナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。年末年始太りの予防策として参考にしてくださいね!
ダイエットやお夜食に!糸こんにゃくの出汁とろろがけ
そばの代わりに「糸こんにゃく」を使ったヘルシーなひと品は、ダイエットや仕事で遅くなってしまった日の夜食にピッタリ!

(エキサイトニュース-- 2017年11月18日)
-----------------------------------------------

糖質オフダイエット食の工夫

糖質オフのダイエット、
けっこう試している人はいそうです。

だいたいはジムなどと組み合わせて
上手に食事を楽しく、そして我慢できるよう、工夫しているのだとか。

糖質オフというとやっぱり
ごはんと麺を抜くのがポイントだと思いますが、
そういいつつも、ついお料理は普通に食べてしまう・・
という方もいそうですね。

レシピの工夫で油分を減らし、
賢い糖質オフを実現すると、
なんどもリバウンド、といったこともないです。

ただ、私は個人的には、
行き過ぎの糖質オフダイエットはどうかな?
と思うところもあります。

ご飯をまるでカットして絶対食べない、
ということをしなくても、
半分にするとかでも良さそうに思うんですよね。

確かに、日本は、以前は、
ご飯が中心としいうか、
ご飯をいっぱい食べる食文化であったかもしれませんが、
今では、おかずをたくさん食べるようになり、
食べるご飯の量は減ってきていますからね。

----------------------------------------------------------------------

昨今、巷で話題なのが無理なく続けられて効果が出やすいと言われている「糖質オフダイエット」。糖質を控えればカロリーなども気にせず食べられるとあって、チャレンジしている人も多いのでは? でも、いくら糖質オフだからと言って「ランチはいつもステーキ♪」なんてことを続けていたら、家計は膨らむ一方ですよね。そんな糖質オフダイエッターにおすすめのレシピ本が『いつも買う鶏むね・豚こまで!おいしい糖質オフ』(主婦の友社)です。

(ダ・ヴィンチニュース 2017年9月19日)
-----------------------------------------------