忍者ブログ
ダイエットと美容関連の最新ニュースなどをチェックしています。

お尻痩せにはまず食事改善から

お尻を痩せたい・・
というのは、大きなお尻を気にしているということでしょうが、
それはひとつの魅力として生かせばよいのでは。

でも、そうもいかない気持ちがあるのでしょうね。

本当に痩せるためには、
やっぱり筋肉づくりからはじめないといけないようです。

衰えた筋肉をまずは復活させないと、
ゆるんだお尻まわりをぴしっとはできない、
ということなのでしょうね。

痩せるというよりは、
引き締めるイメージの方がいいかも。

そうするとさまざまなエクササイズが効果を発揮するようになると。

まずは食事制限で筋肉をつけて、そこから体づくり。
なんの分野でも体が基本になっているときは考え方は同じですね。

--------------------------------------------------
即効のお尻痩せのために、まずは筋肉を作りましょう
本気でお尻痩せしたい!という人は、まず食事制限から始めることが大切です。その理由は、「筋肉を作る必要がある」から。お尻痩せしたい人の多くは、きっと消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが上回っているはずです。

また、お尻痩せの効果を実感するためには、衰えたお尻周りの筋肉を鍛える必要があるようです。そのため、いくら食事制限をといっても、「食べない」ではダメだそう。

筋肉を作るためのタンパク質や、燃焼効果を引き上げるアミノ酸(BCAAなど)をしっかり摂取したうえでエクササイズなどを行うと、うまくカロリー消費と筋力増加ができ、即効で理想的なお尻痩せができます。

(T-SITEニュース -2016年2月7日)
----------------------------------------------------
PR

マイクロダイエットは効果大で費用も大

マイクロダイエット、とは、
ダイエット食品を組み合わせてコース化し、
栄養と美容を両立するよう組み立てられたダイエットコースのようですね。

満腹感を得ながら、メニューはダイエット食。

これならキレイにやせられそうです。

ただし、こういったものはお金がかかりますね・・

あと、置き換えダイエットはどうしても「飽きる」
しかも、そのようにコース化されて献立が決まっていると、
加工食品をずっと食べているようなものなので、
本当に飽きて食べられなくなりそうな気がしますね。

ああ、食べられなくなるならそれはそれでいいですが、
かえって過食や、カロリー過多なメニューにはしってしまっては大変です。

ほどよくお金をかけて無理のないダイエットが一番です。

--------------------------------------------------
マイクロダイエットをやってみる
多少お金はかかりますが、マイクロダイエットで1ヶ月10キロ落とすことは可能です。また栄養士の監修のもと作られたものなので、栄養失調などにはならず、満腹感を得ながら痩せることができます。

ただし欠点としてダイエット食を続けて食べることができるかどうか、置き換え食を食べることに飽きないかという点があります。

(livedoor -2016年1月22日)
----------------------------------------------------

白湯ダイエットの効果は入浴前後

代謝をあげるとダイエットしやすい体になるとはよくきいていて、
最近耳にするのは「白湯ダイエット」。

これは、お湯を入浴前後などに決めて飲む、というもの。

かんたんですね。何も買ってきたリしなくていいんです。

冷めていないお湯を、時間をかけてゆっくりしっかり飲む。

それだけで、代謝がたかまってきて、
ダイエットしやすい体づくりができるのだそうです。

なんでも程度問題ですから、
白湯だけで他の食材を摂らないとか、
そういうことのないよう、
しっかり栄養成分を他から取得しながら、ゆったりと楽しむように、
お湯の時間を有意義に過ごせたら、
身も心もダイエットになりそうな気がします。

--------------------------------------------------
お手軽にできる痩せ習慣として“白湯”が挙げられます。
この方法は、その名の通り白湯を飲むだけとシンプルなダイエット方法です。
また、用意するものは水とやかん、もしくはポットのみですので誰でも行うことができますよ。

まず白湯の作り方ですが、やかんやポットを使ってまずは水を沸騰させます。
沸騰させて、すぐに飲むのは熱くてキケンなので注意してくださいね。やけどしない程度まで冷ましたら白湯の完成です。

やかんを出すのが面倒…な場合は電子レンジでも作れますよ。

(モデルプレス -2015年12月21日)
----------------------------------------------------

寒さでふるえるのはカロリー消費中の表れ

寒さを利用したダイエット、というのが掲載されていました。

よくまあなんでもダイエットにしたてるものです・・・

寒いとき体がふるえるのは、
体の中で熱をつくりだしているとき、
というのは確かですね。

それを利用して、ぶるぶる震えているときはカロリー消費中と思って
生活をすれば、確かに少しは寒さも有意義なものにできるかも・・

ただし、このダイエット法にはかなりの精神力が必要ですね。
寒さをがまんするのは苦行にちかいですから。

それをダイエットといいはるポジティブシンキングがすごいなと思います。

寒さを我慢してダイエットだとやっていて、
風邪をひいてしまったらダイエットどころじゃないですよね。

--------------------------------------------------
寒い場所に行くと、体が震えることはありませんか?

このブルブルと震えている時がダイエットチャンスなのだとか。

人は体が冷えると、自然と筋肉が緊張し、熱を作り出します。この時がカロリーを消費している合図。

ある研究では10分間寒さを我慢すると、1時間の運動量を得ることができると発表したのだとか。

(モデルプレス -2015年12月11日)
----------------------------------------------------

白湯で基礎代謝・基礎体温をアップ

白湯なんて、たんに水を熱くしただけ・・・・
とはいえ、
実際に白湯を飲んで、ダイエットにつながった人がいるから、
これだけ話題になるのでしょうか?

しっかり沸騰させた白湯は、
基礎代謝や基礎体温をあげてくれて、
リバウンドしにくい体がつくれるとか。

本当なのかまだ疑わしいですが、
やって損になることのないダイエットだし、
水分を多めにとるのは、ダイエットとしては好ましいこと。

水分といっしょにとるからこそ効果を発揮できる食材もありますよね、
食物繊維が豊富なものとか、
いっしょに食べたら効果があがりそうです。

--------------------------------------------------

近頃、白湯ダイエットをしているという女性をよく耳にします。特に、日本の女性は冷え性や低体温の悩みを抱えている人が多く、白湯を飲むことで新陳代謝がUPし、血の巡りを良くしてくれることが人気の理由なのだとか。血の巡りを改善することで、体内の毒素や老廃物を排出してくれるデトックス作用やむくみ解消が期待できます。また、白湯を毎日飲み続けると、基礎代謝量と基礎体温が上がっていくと言われており、その結果、体脂肪を燃焼しやすい体をつくり、リバウンドをしなくなるのだとか!

(マイナビニュース -2015年12月2日)
----------------------------------------------------

野菜中心より果物中心のダイエット

ダイエットにとりいれるというか、
その食材を中心にダイエットする、と考えるなら、
野菜よりも果物がいいという話があるようです。

毎日食べてメリットがあるのだとか。

特に、ブルーベリーをはじめとするベリー系は、
わずかなカロリーでも満腹感を得られたり、
あとは、精神的にも満足しながらダイエットを継続できるというメリットも、
無視できないくらい大きなものなのでしょうね。

それに加えて、ブロッコリーなどの緑黄色野菜も食べていくと、
カロリーダウンと満足感両方得られて、◎かも。

そういえば、バナナダイエットとかりんごダイエットもありましたし、
果物でダイエットというのはいいのかも。

--------------------------------------------------
研究を指揮したMonica Bertoia博士によると、毎日食べてメリットがあるのは、野菜よりもむしろ果物。これは意外ですよね。彼女が最も相応しい食べ物と判断したのが、ブルーベリーをはじめとするベリー各種。次いでりんごや梨、これに続くのが豆腐などの大豆製品。さらには、カリフラワーや緑黄色野菜だそう。

「わずかなカロリーでも満腹感を得られる果物や野菜を日々の食事に取り入れることが、体重を減らしていく最大のメリットでしょう」

(TABI LABO -2015年11月4日)
----------------------------------------------------

短時間でダイエット効果をあげるコツ

だれでもそうだったらいいのになと思うのは、
ダイエットというのは根気が必要で、時間のかかるものだけれども、
ほんとうはすぐ結果がほしい、ということ。

だから無理なダイエットを試みるわけですが、
なかなか難しいですよね。

短時間でダイエット効果をあげるために欠かせないのは、
食事のタイミングを知ることなのだそうです。

太る原因になっていることは夜型だったり、
睡眠リズムの乱れだったりと、
原因はひとによって違いますが、
悪いことの原因はわりと近いのかも。

だったら、その共通する悪い原因を出来るだけとりのぞくのが、
短期間で効果を出す、いちばんの秘訣なのかもしれないですね。

--------------------------------------------------
短期間でダイエットをするためには、食事のタイミングを知るということも重要です。

太る原因は、夜型で夜食を食べていたり睡眠リズムが乱れているということなども原因の一つ。

寝る前に食べてから寝ると非常に太りやすくなるので、生活習慣を見直して、食事のタイミングにも気を配るようにしましょう。

夜ご飯を朝ごはんよりも多めに食べているという方は多いですよね。
ダイエットをして効果的に痩せるためには、夜ご飯は少なめにして朝ごはんをしっかりと食べるようにするということが肝心です。


(モデルプレス -2015年10月17日)
----------------------------------------------------

朝さつまいもダイエットはスムージー

「朝さつまいもダイエット」という本があるのだそうで。

ダイエットには、「さつまいも」って敵のような気がしてしまいますが、
炭水化物であっても、
栄養価がそれ以上に高いので、以前から、
美容的にはいいのではと評判がありました。

これを朝とることで、
エネルギーとして役に立つ炭水化物と栄養成分を同時にとれて、
確かにすぐれものかも。

スムージーにしても、素材的にもなんとなく、
甘いし、スムージー向けかなという気もしますよね。

朝のスムージーを習慣にしている方は、
スムージーの材料にさつま芋も加えてみるといいかもですね。
特に、ダイエットに取り組んでいる方は、いつものスムージーにプラスしてさつま芋もいいかも。
でも、味が変わっちゃうかな?

--------------------------------------------------
著書「朝さつまいもダイエット」でもご紹介していますが、なぜ「朝」にさつまいもを摂ると良いのか? それは、さつまいもが準完全食品という栄養価がパーフェクトに近い食品であること、炭水化物(糖分)が摂れるので、朝のエネルギーチャージに最適だということ、そしてビタミンCをはじめとするビタミン類が多く含まれている点などが挙げられます。「朝のビタミンは金」というコトバがあるように、ビタミンを摂るなら朝が最も効率的。そんな様々な理由から、ぜひ朝にさつまいもを摂って頂きたいのです。

(ZAKZAK -2015年9月17日)
----------------------------------------------------

スマホアプリゲームでランニング促進

スマートフォンのアプリで、
現実に自分が走った距離によって、
ゲーム内のゾンビから逃げた距離に反映されるというアプリがあるとか。

ゲームのストーリーは200以上もあって、
すべてを楽しむためには実際にランニングをしっかりやる必要があるので、
楽しく運動を続けることができるとか。

そういう発想はちょっとありませんでした。
特にゲーム好きな人にはおすすめなダイエットだと思います。

私は、以前、ランニングを始めようと思ったとき、
いきなり走るのはきつそうなので、
ウォーキングから始めました。

そのウォーキングも、
寒い季節になったらやめちゃって、
結局半年くらいしか続かなかったんですよね。

もう一度、チャレンジしてみようかな。

--------------------------------------------------
健康のためとはいえ、毎日ランニングを続けるのって難しいもの。途中で諦めたくなる日もありますよね。そんな人にオススメなのがこのアプリ。あなたが現実で走った分だけ、ゲーム内でゾンビから逃げることができるんです。楽しくランニングを続けることができますよ。
「Zombies, Run!」はゾンビから逃げるストーリーと一緒にランニングを楽しむアプリです。ストーリーは実に200以上と、全てを楽しむには長期間のトレーニングが必要なので、飽きずにランニングを続けられますよね。もちろん、コースの記録などの便利機能も付いているからトータルでランニングライフをサポートしてくれますよ。

(ITmedia ヘルスケア -2015年9月13日)
----------------------------------------------------

ダイエットと食事の管理は大切な関係

有名なダイエットジムに通った人が、かんたんなレポを書いていました。

あのジムは、厳しい筋力トレーニングが主体かと思っていて、
確かにそれはきびしいようなのですが、
それよりも、
食事の管理にポイントがあるように思う、という感想。

一度一度の食事を写真にとって<
トレーナーに送る仕組みになっているとか。

そのせいで、無茶食いはまずできないし、
とった食事をダメ出しされるとかなしいので、
いっしょうけんめい食事の工夫を続けるそうで、
それが予想以上に効果があるようだとのこと。

筋力トレーニングと両方がなりたってのことだと思いますが、
やっぱり生活の管理が、ダイエットの一番かなめなのだなあと思いました。

--------------------------------------------------
私は、それが食事を写真に撮ってトレーナーに送るというルールだと思います。このルールによって、トレーニングしていない99%の時間のうち、頻繁に訪れるプライベートな食事の時間に、トレーナーが間接的に介入することになるのです。食事を抜いたり、不規則な時間に採ったり、食事内容の規則を破ったりという行為をやんわりと抑制しているのです。写真を撮ってメールで送るという日常的で心理的にも時間的にも大きな負担とならないルールで、プライベートに対して拘束力を利かせることに成功しているといえるのでしょう。

(日経テクノロジーオンライン -2015年8月27日)
----------------------------------------------------